坂田マルハン美穂のインド生活通信

 
 

……そんな次第で、改めて、本日購入の品々。可愛らしいボトルに入ったハチミツも購入した。我が家にとってハチミツは不可欠な存在。毎朝、お湯にハチミツ&ターメリック入りを飲んでおり、それが一日をはじめるための1杯となっている。カステラにもたっぷりと、ハチミツを入れている。

オーガニックのハチミツは、身体にとてもよい。もっとも、日本で一般的に見かける「加工ハチミツ」ではなく、「天然ハチミツ」のことだ。驚くほどたくさんあるハチミツの効能については、ぜひネットで検索することをお勧めする。

インドに来た当初は、さほどいいハチミツを入手できるところがなかったのだが、このごろは、オーガニックショップやFabindiaのオーガニックコーナーなど、いろいろな場面で良質のハチミツを入手できる。重いけれど、日本へのお土産にも好適だ。

そうそう、無農薬のブドウも購入したのだった。毎週土曜日、インディラナガールで無農薬の農作物を販売しているというヴェンダーも出ていたので、今度出かけてみようと思う。

温故知新。健康志向の我が家の食卓にとって、昨今のインドの食生活は、本当に幸せだ。工夫次第で、実に豊かな食生活を送ることができる……ということを、もっと多くの人に知ってもらいたいものだと、切に思う。

というわけで、近々、『インドでの食生活と健康管理』のセミナー、駐在員ではなく、ご夫人向けに実施する予定だ。食と健康、本当に大切!

こちらはタミルナドゥ州ポンディチェリのチーズ。グリュイエールとカマンベール、2種類のチーズを購入。ポンディチェリにも行きたい! と言いつつ幾星霜。

市内のロイヤル・オーキッドホテルが会場となったファーマーズ・マーケット。KAREN ANANDという女性が主催するイヴェントでマハラシュトラ州のプネが拠点。バンガロールでの開催は今回が初めて。Farmer’s Markets by Karen Anand

ペット用のお菓子屋さん。人間も食べたくなるような、おいしそうなラッピング。

全国展開されているグルメ・マーケットやオーガニック・ブランド商品のブースもみられたが、大半はバンガロール・ベースのカンパニーが出店。

売る人、買う人、ここにいる人たちの「様子」を眺めることも、意義深い。ファッション、小物、ヘアスタイル……。そして風貌、たたずまい。

右上は食べ損ねたナチュラル・アイスクリーム店の案内。これを読むだに、食べておけばよかったと後悔。そしてこれもまた、手作り石けんのショップ。母娘でビジネスをはじめたご様子。

カルナタカ州はクールグ産のコーヒー。今ではファミリー・フレンドのラナが販売している美味コーヒー豆を愛飲しているが、それ以前はこのブランドのコーヒーもよく飲んでいた。

BBQのグリルを販売するweber。このブランドはもう、5、6年前からバンガロールでよく見かける。去年は雨期にバーベキューをやろうとして火が定着せず、結局すべて、フライパンで焼いたという残念なできごとがあった。さて、これからはシーズンだ。一度、BBQパーティをやらねば!

こちらもまた、石鹸。どれもこれも「おいしそう」に見える。本日は都合3つのブランドの石鹸を購入した。お気に入りが見つけられるかどうか、楽しみだ。

とてつもなくいい香りをふりまいているクレープの店。

見るからにおいしそうな、オーガニックの野菜。

バンガロールのチョコレート・カンパニー&カフェ、Jus’Trufs

ホームメイドのピクルス店や、すでにわたしも愛用中のパスタ&ピザソースの店も店を出していた。

それにしても、暑い! バンガロールは盛夏へ突入中につき、炎天下は要注意。

ベーカリーもあれこれと。数年前、ニューヨークでやたら流行っていた「米国の昔ながらのスイーツ」であるカップケーキも見られた。

このごろはもう、「無数の」と形容しても過言ではない、手作り石けん、自然派石鹸のブランドが誕生しているインド。オーガニック製品の専門店ではもちろんのこと、デリー、ムンバイ、バンガロールと、各地で開催されるバザールや展示会で、この手の商品を見かける。石鹸は消耗品であると同時に、ギフトにも好適。いつもいくつかまとめ買いをする。ボディ&フェイス、一気にまとめて使う。石鹸にせよ、ローションやモイスチャライザーにせよ、自然派かつ廉価なプロダクツで十分ゆえ、実に化粧品代がかからない我。

自然派コスメティクス。化粧品は間に合っているので、シャンプーを買った。

店主曰く、非常に高品質だというオーガニックのホール・ウィート(無精製の小麦粉)ATTA。昨日焼いたサブレ、精製小麦粉ではなく、これで焼いてみよう。

これは画期的。バンガロール発のティー専門店。ダージリンやアッサム、ニルギリなどインド産紅茶の茶葉はもちろんのこと、国産と輸入物をブレンドしてのハーブティー、フルーツティーなどが売られていた。パッケージもしっかりしているし、ティーバッグも高品質。お土産にも好適だ。試飲して気に入った3種類を購入。UBシティに店舗があるとのこと。

SUBLIME HOUSE OF TEA

手づくりジャムも見られた。

おまけ:会場で偶然会った友人のM夫妻から先ほど送られて来た写真。写真撮影をするわたしが映り込んでいるとは知らず、お撮りになったとか。撮った方も撮られた方も気づかないとは……。というわけで、記念に。