ミューズ・クリエイションのチーム・エキスパッツ(インドで就労しているメンバー)は、2016年6月に開催されたバンガロール日本人会総会において、当地におけるゴミ問題に関してのプレゼンテーションを行った。


深刻な社会問題となっているバンガロールのゴミ事情を概観、在住日本人ができることなどを提案している。 ここでは、プレゼンテーションで使用したものと同じ資料を音声付きでアップロードするとともに、関連資料を掲載している。


バンガロール在住の方にはぜひ、ゴミの仕分けやリサイクル、コンポストの具体的な情報に目を通していただき、日常生活におけるゴミの取り扱いに際し、役立てていただければと思う。



01:バンガロールの変遷 なぜゴミ溢れる町になってしまったのか?


●造り上げられたガーデンシティ

●ガーデンシティからガベージシティへ

●ゴミ溢れるガベージシティになった理由



02:バンガロールのゴミ処理における現状


●バンガロールのゴミ事情と実態

●ゴミを巡るツアーに参加して、問題を目の当たりに

●ゴミの内訳……80%が再生可能



03:ゴミ問題に対する行政の動き


●脱ゴミ国家、脱ゴミ都市に向けて……

●2016年、遂にBBMPが本気を出してきた

●自然に還る「昔ながら……」でゴミ減量対策



04:目に見えないだけ。日本はゴミ王国でもあることの自覚を


●我々日本人も、ゴミを出して生きている

●日本はゴミ焼却施設世界最多! 大量のゴミを出している



05:インドに暮らすわたしたちが、具体的にすべきこと


●ゴミの分別を徹底する

●公営リサイクルセンターを利用

●私営リサイクルショップを利用

●オンラインでゴミの回収を依頼。新システムも

●生ゴミは庭やバルコニーで堆肥に

●「ゴミを減らす暮らし」を実践。サステナブルな暮らし

●賞味期限切れ食品を貯め込まない。日本製の危険ゴミは日本へ持ち帰る。

●利用可能な不用品は慈善団体へ寄付

●街の美化活動に参加してみる


ガーデンシティ再び。

バンガロールのゴミ問題と向き合う。

2016年6月 ミューズ・クリエイション チーム・エキスパッツ

この動画は、2016年6月12日に開催された、バンガロール日本人会総会でのミューズ・エキスパッツによるプレゼンテーションを再現したもの。当日は、メンバーが交替で読み上げた。