少ない娯楽の中から、「インドならでは」を見つけ出す


先進諸国に比べれば、圧倒的に娯楽施設が少ないインド。そんな中でも、人々からアドヴァイスを仰いで、ここでしかできない娯楽を見つけ出そう。


ゴルフ、乗馬、ヨガ、ダンス、絵画などに挑戦している駐在員家族も少なくない。実際、赴任中にヨガのインストラクターの資格を取る駐在員夫人もいる。時間があるのなら、英会話を学ぶ、料理の腕を磨く、慈善活動に参加するといった過ごし方もある。日帰りや1、2泊で楽しめる近場の旅に出かけるのもいいだろう。


積極的に情報収集をして、「日本とは異なる愉しみ」を見つけ出そう。




HOME

 

インドで暮らすにあたってのご提案 20