色の海から選ぶ。サリーの広く深い世界。

約5メートルの一枚布を巧みに身体に巻き付けて着こなす、シンプルながらも華やかなインドの民族衣裳、サリー。


絹や綿など布の種類にはじまり、織り、 染め、 刺繍、紋様など、産地や品質によって無限とも思える選択肢があるサリーは、インドの多様性を象徴するような衣類です。


たとえば同じ絹でも、柔らかいもの、滑らかなもの、光沢のあるもの、粗いものなど、数多くの種類があり、値段もピンからきりまで。


パーティや結婚式用の豪奢なサリーは、ぎっしりと石やビーズが埋め込まれていて、驚くほどの重量感ときらびやかさ。着こなすのは体力勝負です。


最近では、富裕層や中流層を中心に洋装が定着し、サリーを「ハレの日」にしか着用しない人たちが増えていますが、一方で、モダンな「デザイナーズ・サリー」も誕生するなど、新たなサリーの世界が展開されています。


サリーは5メートルの1枚布と、ブラウス、ペチコートの3点セットで着用します。ペチコートやブラウスはサリーの色柄とコーディネートして、自分のサイズに合わせてあつらえます。


ブラウスのための布は、サリーの布に「共布(ともぎれ)」として付いてくることもあれば、そうでないものもあります。共布がない場合は、自分でテキスタイルショップへ行き、好みの布を選んで合わせます。


たとえば、ひとことで「黄色」と言っても、そこには数多くの「黄色」があり、自分の望む黄色がどれなのか、なかなか見分けがつきません。


店内の電灯の下では、色が識別しにくいこともあるので、店の外に持ち出して自然光で見比べてみたりするといいでしょう。布の色を選ぶときにはなかなかのエネルギーを要します。インドの女性たちはしかし、色の海に目が慣れているのか、即座に好みの色柄を選び出します。


わたしは折に触れ、サリー専門店を訪れたり、あるいは各地の工芸展フェアなどに足を運んでは、地方地方の職人たちが丹精を込めて手作りをした芸術品ともいえる布製品に接します。


訪れるたび、新たな出合いがあり、この国の広さ、豊かさ、そして伝統を肌身に感じます。


「インドのファッション&テキスタイル」 のブログには、わたしがインドに移住して以来、触れ合って来たサリーについての記事を、まとめています。


膨大な写真と言葉の記録です。どうぞごゆっくり、楽しんでいただければと思います。

ブログに掲載したサリー情報はこちら↓ 


インドのファッション&テキスタイル

上記タイトルをクリックすると、過去のブログからピックアップしたインドのファッション情報がご覧いただけます。ブログの右側カテゴリーにある「サリー」の文字をクリックすると、サリーの記事が現れます。


以下は目次です。年月をクリックすれば、月別に見ることもできます。


●2009/11

・色の海から選ぶ。サリーの広く深い世界。

・アートのような一枚。モダンなサリー

・女性誌に見るド派手インド・ファッション

・インド工芸品が一堂に。愉しき展示会@ムンバイ


●2009/12

・手工芸の極み。黒いパルシー刺繍の優雅なサリー。

・もう一つの伝統衣裳、レンガ・チョリ。

・パルシー刺繍の赤いサリーでクリスマス@ムンバイ


●2010/01

・絞りのサリー。美味なる小宴。

・民族衣裳サルワール・カミーズの魅力

・テイラーメイドで、気軽にオリジナル服 を作る。

・暮らしを彩る木綿製品 (1) SOMA(ソマ)

・男性もおしゃれに。カスタムメイドのスーツ。


●2010/02

・パシュミナのストール。冬のデリー。

・芸術としての手工芸品。緻密な刺繍のストール

・JOY SHOES。足にやさしい革製のサンダル


●2010/05

・サリー商人、ダッカからバンガロールへ

・伝統的な「サリー世界」を旅する一冊

・布の宝庫、マイソール・シルク@バンガロール

・父の七回忌と釈迦の祝祭日とサリー。


●2010/06

・紅いパルシー刺繍のサリーに身を包み、パーティへ

・インディア・ナイトでレンガ・チョリ

・暮らしを彩る木綿製品 (2) COTTONS


●2010/07

・頭が大きくても入る服が増えてうれしい。

・貧しい女性を支援。フェアトレードの店 "ANTS"

・暮らしを彩る木綿製品 (3) FABINDIA

・手工芸品フェアで、籠や布を求める。

・カジュアル・ファッション&ジュエリー展示会

・バンガロール・ファッションウィーク報告 (1)

・バンガロール・ファッションウィーク報告 (2)

・バンガロール・ファッションウィーク報告 (3)

・バンガロール・ファッションウィーク報告 (4)


●2010/08

・展示会をはしごして、布の海に溺れる一日。

・ネイチャー・バザールでインド各地の工芸品を。

・モンスーン・セール! 布と過ごすムンバイの一日。

・ネイチャー・バザール再訪。布コレクターになる。

・Rain TreeとHat Works。心落ち着くブティック。

・北東インド発、天然素材の綿織物製品をANTSで。

・Plantation Houseで、天然素材のシンプル服を。


●2010/09

・テキスタイルの展示会で、個性的な織りのサリー。

・テキスタイルの展示会再訪。柄に柄を合わせる。


●2010/10

・「昔ながら」の人気ブランドRitu Kumar。

・Ritu KumarにMysore Silk。母、買い物三昧。

・大胆プリント柄のパシュミナ、日本でも活躍。

・好評! Ritu Kumarのサルワール・カミーズ。

・優秀レザーショップ、地元商店街で発見! 

・エコロジカル柄のサリー姿でディワリを学ぶ。

・草木染めブロックプリントのサリーでパーティ。

・男子もパシュミナ! 首周りに幸せ感。


●2010/11

・蓮華と寝間着とターバンとサリー

・伝統の技を生かして。新しい魅力のサリー。


●2010/12

・シルクマーク・エキスポ(1) 絹以前

・シルクマーク・エキスポ(2) 刺繍に絣の麗しさ

・シルクマーク・エキスポ(3) 艶やかに伝統美

・シルクマーク・エキスポ(4) 2度目の訪問で再発見

・シルクマーク・エキスポ(5) テキスタイル無限世界


●2011/01

・彩り豊かに伝統技が生かされた、新しいインド服

・カラフル&カジュアルなバングルも愉し

・ムンバイ。物語のあるホテル。物語のある靴屋。


●2011/03

・タッサーシルクの、夏に爽やかサリーを着用。

・JHARCRAFTでオーガニックなタッサーシルク


●2011/04

・JHARCRAFTでオーガニックなタッサーシルク


●2011/05

・超実用的!SOMA大判ガーゼ布で飛行機旅も幸せ♥

Textile in India

伝統工芸の粋。サリー、テキスタイル世界

Silk Mark Expo 2010 @ Bangalore, Karnataka, India